中学受験のためのコーチング


中学受験をするお子さんは、初めての学力試験という決して低くないハードルに挑みます。

志望校を見据えた十分な学力と年齢相応に成長した健康な心身が必要になります。

国公立中学、中高一貫校、大学付属校・・・志望校の中学受験で実力を存分に発揮できるよう、学力とメンタルの両面からサポート致します。


えむ心理研究室 中学受験コーチングの特色

 

まだ幼さの残る小学生さんが中学受験に取り組むためにはメンタルケアとメンタル強化が欠かせません。

特に、次のような傾向を持つ小学生さんには受験コーチングが効果的です。

  • 「受験する」ということにピンと来ていない
  • 親が主体で動いていると感じている
  • ちょうど反抗期に入った
  • 打たれ弱い
  • テストに慣れていない
  • 緊張しやすい
  • 志望校が決まっていない
  • 勉強方法がわからない

このような傾向の小学生さんは、受験コーチングによって自我の成長を促し適応力と忍耐力を培うことが出来ます。


保護者の方へ(受験コーチングの進め方とご家族のかかわり)

 

【受験コーチングの進め方】

基本的には、コーチング(あるいは心理療法・カウンセリング)をある程度行った後に受験のための学習支援に取り掛かります。

そのほうが、モチベーションもアップし勉強に集中しやすい状態になっているからです。

 

学習支援は、問題の解き方や答えを教えるというよりもスケジューリングや勉強方法指南を重視しています。

 

塾がお休みの日でも、家庭教師が不在の日でも、お父さんやお母さんと喧嘩しながらじゃなくても、ひとりでしっかり勉強できる。

そんな「ちょっと大人で、メンタルも強い小学生」を目指します。

 

えむ心理研究室の中学受験コーチングを受けていただくと、保護者の方は「うちの子、なんだか成長したみたい」と感じられると思います。

 

受験コーチングは、保護者の方とも綿密に相談しながら進めてまいります。

心配なことはなんでもご相談ください。

 

 


やる気や競争心・向上心に課題のある小学生さんのための心理療法・カウンセリング

 

モチベーション(やる気)や受験に必要な競争心・向上心に課題のある生徒さんには、心理療法やカウンセリングを加味したコーチングを行います。

成長の個人差が大きい小学生さんは気持ちの言語化が上手にいかない人も多く、受験に心身がついてこないお子さんもたくさんいらっしゃいます。

心理療法やカウンセリングをとおして、気持ちを言語化し自分の心と客観的に向き合う力量をつけていきます。

 

心理療法やカウンセリングはさまざまな種類の技法があります。

受験生さんの性格や状況に合わせて、最もフィットする技法を提供します。

 

心理療法やカウンセリングは心に病を抱える人だけに効能がある・・・というわけではありません。

すでに海外では、健康な人がさらなる自己実現や目標到達を目指すために心理療法やカウンセリングを受けています。

そのような方法は日本ではまだ浸透していませんが、「攻めの姿勢」の心理療法・カウンセリングをぜひお試しいただきたいと思っています。